本文へスキップ

岡田絵具店は、おもしろ、オススメ、便利れ画材を紹介する画材店です。

電話でのお問い合わせは048-771-0568

メールでのお問い合わせはこちら

木はり絵講習会training session

木はり絵講習会 New!

商品イメージ1

2000円+税

木はり絵は、日本国産の天然の木を使った木製の切り絵です。
カッターを使って簡単に切ることが出来ます。
ペーパークラフト感覚で気軽に作れるハンドメイドの木工アートです。
初めて挑戦する方や、あまり細かい作業はちょっと、という方にも簡単に作れるビギナーレベルの木はり絵。
素材は薄くスライスした天然の木材を使用しもの
木の種類によって色合いや木目が違います。
印刷された線に沿ってカッターを使って切っていきます。
切ったパーツを木工ボンドで貼っていきます。
出来上がった作品は、お部屋のインテリアやお友達のプレゼントにも最適です。
作品作りに使う道具はこちらでお貸しいたしますので、手ぶらでご参加できます。
事前にお電話にてご連絡ください。


商品イメージ2


キット内容・制作手順の紹介

「ファイブファニーバード」
突板4種類
マツ、ヒノキ、アサダ、トチの木を使っています。
ビギナー向けのこの作品で、およそ2時間
出来上がりサイズは100×148mm(はがきサイズの大きさです)


商品イメージ2



キット内容・制作手順の紹介

台紙(のり付きパネル)1枚


商品イメージ2




キット内容・制作手順の紹介

厚紙スペーサー

木はり絵を立体的にするための台紙です。



商品イメージ2


制作手順の紹介

まずは、台紙中央部分の裏紙を切り込みを入れて剥がします。


商品イメージ2



制作手順の紹介

裏紙を剥がし突板(ヒノキ)を台紙パネル中央に置きます



商品イメージ2



制作手順の紹介

台紙中央部分の裏紙を剥がした部分に突板(ヒノキ)を押し付け
位置を決めます。



商品イメージ2


制作手順の紹介

左側の裏紙を剥がし突板(ヒノキ)を張り付けます



商品イメージ2



制作手順の紹介

続いて、残り半分右側の裏紙を剥がし
突板(ヒノキ)全体を台紙パネルに貼り付けます、



商品イメージ2



制作手順の紹介

はみ出している台紙パネルの余白部分を切り取ります。
以上で、土台部分になる突板(ヒノキ)が出来上がります。


商品イメージ2



制作手順の紹介

まず、枝部分を切り抜き貼り付けます。
続いて、貼り付けていく部分が立体的になるように厚紙スペーサーを
各部分の長さに合わせてボンドを塗り貼り付けます。



商品イメージ2


制作手順の紹介

後は、各鳥のパーツをカッターで切り抜きます。天然の木は、年輪部分の硬いところと年輪の間の柔らかい部分があるので力の入れ具合を調節してください。勢い余って切り過ぎないよう注意してください。細かい部分程、刃の切れ味に左右されます。切れ味が悪くなったら、新しい刃と交換するようにしてください。また、間違っても刃の進む方向に指を置かないよう注意してください。万が一、切り損じてもボンドで貼り合わせるので心配することはありません。ちょっと手間がかかりますが気になる方は、余白部分の突板を利用してパーツを作り直せば・・・・・


商品イメージ2



制作手順の紹介

それぞれの突板を指定通りに切り取り
鳥を組み立てていきます。



商品イメージ2


制作手順の紹介

およそ2時間程度で完成することが出来ます。
木はり絵キット「ファイブファニーバード」の完成となります。



商品イメージ3

商品の紹介2

厚紙スペーサーを貼ることで、
立体的な木のはり絵アート作品に仕上がります。


商品イメージ4


商品の紹介3

額縁に入れて頂ければ、お部屋のインテリヤに、
また、お友達へのプレゼントにも使って頂けます。


この商品について

サイズ ハガキサイズ 100×148mm  2時間程度
A5サイズ  210×148mm  5時間程度
A4サイズ  297×210mm  8〜10時間程度
材質 マツ、ヒノキ、アサダ、トチ、サクラ、ケヤキの天然木です
重量
備考 額、マットは別売りとなります。
ブランド

ショップ情報

岡田絵具店

〒362-0037
埼玉県上尾市上町1−4−2
TEL.048-771-0568
FAX.048-771-0568
→ショップ案内