本文へスキップ

岡田絵具店は、おもしろ、オススメ、便利れ画材を紹介する画材店です。

電話でのお問い合わせは048-771-0568

メールでのお問い合わせはこちら

技法technique

日本画の技法 日本画の水張りNew!

描いているうちに紙が凹凸にならないように仮張り(仮張りは和紙に柿渋をぬったもので、これに和紙を水張りして制作します仮張りは古くから行われ、和紙を重ねて袋張りして作ってあるために、水張りしても和紙と一緒にたわむので狂いが生じません)してから描きます。
まず、沈糊(小麦粉を原料に作る、市販の糊は防腐剤が入っている為和紙の劣化を生む為に使いません)を水で薄め、
描くサイズよりも糊代の分だけ大きめに切った和紙の裏面に刷毛でムラなく水を引きます。
1〜2分待って和紙が伸びてきたら糊代の部分に薄めた糊または膠水をぬり、表に返して仮張りに張り、刷毛で中心から外側に向けて中の空気を追い出します。
その後、和紙と仮張りの間に小さな紙を一枚はさみ、糊代の部分をへらか爪でおさえて固定してから乾かし、糊がはがれないように紙テープでさらに周囲をとめます。
剥がす時は、間に挟んだ紙の所に、ヘラ等を入れて剥がす、剥がれ難い時は、糊の部分を湿らせる。


商品イメージ1




@沈糊を皿にとり、水で薄め


商品イメージ2





A和紙の裏面に水を引く


商品イメージ3





B糊代の部分に糊を塗る


商品イメージ3



C表に返し、仮張りに張る


商品イメージ3




D刷毛でなで、空気を出す


商品イメージ3




E糊代の部分を固定する


商品イメージ3



Fさらに紙テープでとめる


商品イメージ4




G剥がす時の紙をはさむ



ショップ情報

岡田絵具店

〒362-0037
埼玉県上尾市上町1−4−2
TEL.048-771-0568
FAX.048-771-0568
→ショップ案内