本文へスキップ

岡田絵具店は、おもしろ、オススメ、便利れ画材を紹介する画材店です。

電話でのお問い合わせは048-771-0568

メールでのお問い合わせはこちら

技法technique

岩絵の具の扱いNew!

まず、大事なことは手間をおしまず、丁寧に溶くことです、そうすることにより綺麗な発色の絵具となります。
トキ皿に、岩絵具を入れ、少量の膠水を加えて指の腹でよくこねます、
絵具にまんべんなく膠がからむように練り、最後に水を加えて描きやすい濃さにします。
粒子の荒い絵具ほど、膠とのなじみが悪いので、少し量を多くし、下塗りの場合は、さらに膠の量を多くします、
只、必要量以上に膠の量を多くすると、発色が悪くなり、割れたりしますから、使いながら覚えていくことです。
色によっては、上澄みを捨てて、何度となく膠で溶きなおすことにより、発色のよい絵具となるものもあります。


商品イメージ1




膠を入れ指で粗練する











こすり付ける様に練る


商品イメージ2









絵具を膠で練り込むように
一粒一粒くるむような感じで


商品イメージ3




膠水をたし、電熱器で温
めながら練る











水を加え適当な濃度に溶
き下ろす





ショップ情報

岡田絵具店

〒362-0037
埼玉県上尾市上町1−4−2
TEL.048-771-0568
FAX.048-771-0568
→ショップ案内