本文へスキップ

岡田絵具店は、おもしろ、オススメ、便利れ画材を紹介する画材店です。

電話でのお問い合わせは048-771-0568

メールでのお問い合わせはこちら

工作室workshop

アートグライダーの作り方New!

スーパーマーケットの食料品の包装に使われている発砲スチロールのお皿(ポリスチレンペーパートレイ)は、
捨てるにはがさばるは、置いておくにはじゃまになるというやっかいなものです。
軽くてある程度の強さもあり、加工しやすいという事で模型グライダーの材料として最適です。
いろいろな形のトレイを使って、いろいろな形のグライダーを作ると、楽しく遊びながら造形の勉強や知識が得られます。

■材料
@胴体用・・・・・ポリスチレンペーパートレイ:さんまかうなぎ用のもの2枚
A主翼用・・・・・ポリスチレンペーパートレイ:鮮魚、貝類用のもの1枚
B尾翼・垂直尾翼用・・・・・ポリスチレンペーパートレイ:鮮魚、貝類用のもの1枚

■用具
カッターナイフ、紙やすり、目玉クリップ、アクリルカラー、筆、輪ゴム、セロテープ、木工用ボンド

■手順
@胴体は2枚のトレイを具合わせにしてボンドで接着する。ボンドが乾くまで輪ゴムで止めておく。
紙やすりで成型すると効率がよくなる。
翼はトレイをカッターで切り取る。
トレイのまるみのある部分を主翼前縁に利用する(主翼の揚力を得やすい)。
A尾翼、垂直尾翼を切り取る。折り曲げには定規をあてがうと、きれいにできます。
B木工用ボンドで胴体と主翼、尾翼、垂直尾翼を接着する。尾翼は7°程度の仰角をつけてとりつける。

■制作上のポイント
@接着面を紙やすりや釘などで軽く傷をつけると綺麗に接着できます。
A制作前にトレイを洗剤でよく洗っておくと、彩色の際に絵具やテープなどがきれいにはれます。

◇テスト飛行
@目玉クリップで重心の調整をする。
A水平か、少し下方向にスナップスローで投げる。
B屋外で飛ばすときは、主翼、尾翼、垂直尾翼をセロテープで補強する。


商品イメージ2



設計完成図

***


商品イメージ3



トレー展開図


大きめのお皿でハネ(主翼、尾翼、垂直尾翼)と胴体を作ります。


商品イメージ3



主翼、尾翼、垂直尾翼部分




ハネを削って形を整えます。

尾翼は主翼の約1/4の面積 垂直尾翼の約1/2の面積


商品イメージ3

胴体部分


主翼の前から1/3の所に重心が来るように、主翼を付けます。




トレイを張合わせて胴体を作ります。


尾翼をとりつけたところの上に垂直尾翼をつりつけます。


商品イメージ4



尾翼部分




尾翼の取り付けは、尾翼と胴体のかたむきが7°になるようにします。



ショップ情報

岡田絵具店

〒362-0037
埼玉県上尾市上町1−4−2
TEL.048-771-0568
FAX.048-771-0568
→ショップ案内